ガラパゴスの逆襲 坂井レースの2

【カタログハウス】
窮すれば通ず。ずっと取引がある帝人が、旭化成のあとを受けて遮熱糸の生産を始めた。これで糸の心配はなくなった。
間もなく、通販生活で知られるカタログハウスから

貴社の遮熱カーテンをうちで売りたい」

と声がかかった。坂井レースの遮熱カーテンは群馬県の「一社一技術」に選ばれ、県のホームページに掲載されていた。それを見たのだという。
カタログハウスは当時、片面にステンレスを蒸着した遮熱カーテンを売っていた。光を遮るので室内は暗くなるが遮熱率は55%あり、冷房効率が上がるためそれなりの需要があった。

「当社で販売するには、遮熱率はこれを上回っていただきたい」

それが条件だった。

カタログハウスは通販の王者といわれる。売り上げは決して首位ではないが、独特の販売方法、消費者満足度はあらゆる通販会社が羨ましがる。その評価を支えるのは独自の商品選択眼で、メーカーが

「うちの製品をラインアップに加えていただきたい」

と日参してもなかなか採用されないことで知られる。そんな会社からの異例の申し出である。断るいわれはない。

カタログハウスは国内での販売権を独占する手法を採る。つまりカタログハウスでの販売が始まれば、坂井レースはほかの流通経路では売ることができず、帝人も坂井レース以外のカーテンメーカーへの糸の販売を制限される。
そんな制約はあるが、チャンスであることは確かだ。坂井さんも帝人も、この条件を呑んだ。坂井レースの遮熱カーテンは遮熱率で既存商品を上回るだけではなく、透光性があって部屋を暗くしないのである。売れないはずがない。

販売が始まったのは2011年。カタログハウスの計測では、坂井レースの遮熱カーテンの遮熱率は64%。既存商品を完全に上回っていた。だからだろう。文字通り、羽が生えたように売れた。坂井さんは増産に次ぐ増産に追われた。

ガラパゴスの逆襲 坂井レースの1

[レース]
編み物。経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を組み合わせて作る織物に対して、編み物はループ状にした糸同士を絡ませながら布に仕上げる。縦横に延び縮みし、カーテンや靴下、マフラー、衣服などに使われる。
坂井レースはレースカーテンの専業メーカーである。オーダーカーテン、既製品のカーテンと幅広く作っているが、いまの主力は窓から入る太陽熱を跳ね返す遮熱カーテンである。開発で先陣を切っただけでなく、改良を繰り返して遮熱率を上げ、当初の60%をいまは71%まで高めた。後を追おうとする後発メーカーもあったが、矢継ぎ早に性能を上げる坂井レースについてくることができず、次々と撤退した。坂井レースはいま、ワン・アンド・オンリーの遮熱カーテンメーカーである。

[カーテン需要]
レースのカーテンは住宅の必需品ともいえる。だが、一度買ってしまえば8年から10年はもつ。そろそろ買い換えようかと客が考え始めるまでかなり時間がかかる商品だ。だから、カーテンの需要は住宅着工戸数に左右される。
戦争が残した荒廃から急スピードで立ち直りを見せた戦後日本で住宅建設はほぼ一貫して伸び続け、1973年には190万5112戸にまで増えた、高度成長の終焉で驚異的な伸びが一服したあとは景気の波にも左右されながら高い水準での上下を繰り返してきたが、リーマン・ショック直後の2009年、前年を30万戸も割り込む78万8410戸に急落した。一時的な落ち込みという見方もあったが、その後は100万戸を回復することはなく、2019年は90万5123戸。国内で人口が減り始めたこともあり、これから住宅着工数が増えるのは望み薄である。
その上、ほかの繊維産業と同じ構造変化にも見舞われた。カーテン販売の中心であるDIY店が安さを追い求め、中国、ベトナム産のカーテンを並べるようになった。国内のカーテンメーカーは利益率を落として対応しようとしたが、中国、ベトナムの人件費の安さには対抗しきれず苦境に陥った。
坂井勝さんが社長を引き継いだ2004年、業界はそんな二重苦の入り口に立っていた。

糸を創る 泉織物の3

【染める】
繊維産地桐生は多品種少量生産を支える細かな分業制が特徴だ。その中で泉織物は一貫生産を指向する機屋であり続けた。できることは自分でやってコストを減らす、のではない。理想の和服を産み出すためには例え一部といえども人任せにできない、と考えるからだ。

(これも絞り染めの準備作業。一度染めた布地をロープに巻き、糸でとめる)

染色には2つのアプローチがある。糸の段階で染めるのを先染めという。布に織り上げた後で染めるのが後染めだ。泉織物はどちらも自家薬籠中のものにしてきた。先染めした糸で織り、織り上がった生地を今度は絞り染めする。糸や木などで染めたくないところを締め上げて染料が入らないようにして染める。これを何回か繰り返す。そのたびに柄は複雑になり、艶やかさを増す。父の代から、ほかにない着物を産み出そうと絞り染めに力を入れてきた。

泉さんが

「染色をもっと極めなければ」

と考えたのは、京都の問屋を見返せるほどの白生地が織れるようになってからだった。糸から創る泉さんの白生地はほかと比べて高価だったが、京都や沖縄で独特の和服を作り続ける作家と呼ばれる人たちの感性を虜にした。あまりの評判にほかの機屋も何とか同じ生地を織ろうとしたが、糸から手がける泉さんに追いすがる機屋は、今のところ現れていない。
そこまでは狙い通りなのだが、困ったことが持ち上がった。時折

「生地が悪いから染めがうまく行かない」

とクレームを付けてくる染め屋さんが現れたのだ。作家さんに頼まれて引き受けたがうまく染まらないという。
そんなはずはない。染め上がりも頭に入れて糸を創り、織り上げているのである。その生地がうまく染まらないわけはないのだ。
ところが、反論ができない。泉織物が代々受け継ぐ染色の手法は頭に入っているが、作家さんは独特の染め方をする。生地が原因ではないと説得するには、染色についての深い知識が要る。
加えて、泉さんはほかではできない絹織物を織るようになっていた。見た目を司る絹糸、着心地を司る絹糸、風合いを司る絹糸など数種類の糸を、使う目的によって最適になるよう組み合わせた生地には、それに適した、これまでにはなかった染め方があるはずだ。

泉織物の染めはすべて手染めである。染料にはそれぞれ発色温度があり、40℃、50℃、70℃などそれぞれ違う。だが、手を染料に突っ込めるのはせいぜい50℃が限度。70℃の染料を使う場合は感頼りにならざるを得ない。
こうして泉さんは、自分が創り出した糸、生地に合わせた染め方を1つずつ開発してきた。

糸を絞る素材も研究課題だ。それぞれの着物に合った最適な風合いが出せるものはないか?

「インターネットってありがたいですよ。検索するといろんな材料が見つかる。ロープも沢山ありますし、ビニール製、ゴム製のチューブもよりどりみどり。これ使えないかな、と思うと、誰も見たことがない染め上がりを頭の中で描きながらポッチンしちゃいます」

泉さんはまだまだ発展途上人である。

糸を創る 泉織物の2

【糸を組み合わせる】
話がここまで進むと、繊維産業についてまったく無知である筆者はトンチンカンな質問をしてしまった。

「じゃあ、蚕から飼っているのですか?」

そうではなかった。泉さんは市販されている絹糸を3種、4種と組み合わせるのである。数種類の糸を撚る。縄のように編む。1種の糸にほかの糸を巻き付ける。加工法は様々である。柔らかな肌触りの中にも、着崩れしない「硬さ」が欲しい。部分的に色の乗り方が違う糸で新しい質感を持つ生地を織り上げるにはどんな組み合わせがいいか。絹糸自体が持つ光沢が違う糸を数種類使えば新しい布が生み出せるはずだ……。

「生地に膨らみがあり、しわになりにくく、手触り、肌触りがよく、裾捌きが綺麗にまとまる。私が創る和服は礼装用ではなく普段着だと思っていますが、そんな着物を創るのが私の使命だと思ってやって来たことです。コストは上がりますが、1番いいものを創らなくてはつまらないと思いませんか?」

こうして泉さんが産み出した「絹糸」はすでに100種類を超えた。泉さんは世界中探しても泉織物にしかない絹糸で一品ものの着物、帯を作り続けているのだ。

【「俺んところに買いに来るようにしてやる!」】
泉さんの記憶によると、ちょうど世紀の変わり目のことだった。取引がある京都の問屋から

「絹の白生地を織って欲しい」

という注文があった。染める前の糸で生地を織る。利益率は低いが織機を遊ばせておくよりいいか。そんな気持ちで引き受けた。
白生地は西陣、浜松などに専業に近い機屋さんが数多い。だから、どうせ白生地を織るのならどこにも負けないものにしよう、というのは機屋根性とでもいうべきか。あれこれ工夫を凝らした自信作を織り上げ、問屋に持ち込んだ。

「こんなん、ほかの機屋やったらもっと安う持って来まっせ」

いい生地に仕上がったと自信があったから、価格もほかの問屋より少し高く付けた。それにしても、の反応である。

「こんなもんで商売になると思うてはんのでっか?」

糸を創る 泉織物の1

【機屋」
広辞苑第3版は、「機」を①織物をつくる手動の機械②機で織った布、と定義している。自動織機全盛のご時世に「手動」に限るとはやや時代遅れの感もあるが、いずれにしても機屋とは、織機を使って経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を交差させて布に織り上げることを業とする個人・企業である。
織機には様々な分類法があるが、そのうちの1つが「広幅織機」と「小幅織機」という分け方である。文字通り、広幅織機は幅の広い布を織り、洋服生地などを織る。着物、帯を作っている泉織物は小幅織機を使う。伝統的に幅1尺(約38㎝)の布が着物に仕立てられてきたためである。

【「糸を創ってます」】
最高級の和服地である「お召し」を産み出したのは江戸時代の桐生である。普通より強い撚りをかけた絹糸を糊で固めて織り、後で糊を洗い流す。小さな凹凸(「しぼ」という)ができてコシがある。しっとりと肌に馴染む上に着崩れしにくく、裾捌きがよい。11代将軍徳川家斉が好んで「お召し」になったことから、この名がついたと伝わる。
泉織物は「お召し」の技法を今に伝え、質の高さで知られる機屋ある。だからだろう。数多くの繊維業界人が

「泉さんは取材すべきだ」

と筆者に勧めた。だが、正直気が進まなかった。経営者の泉太郎さんとは知らない仲ではなかったが、

「いまさらお召し?」

という思いが消せなかったからだ。
お召しの技法はすでに江戸時代に確立されている。だが、その後さらに工夫が加わり、より質の高い布地に育ってきたという話は聞かない。250年、300年間の技法がそのまま残るのは伝統工芸である。だが、技というものは職人たちの年々歳々の努力と工夫で磨き上げられ、洗練され続けることで未来を開く生き物だと筆者は考える。すでに冷凍保存の状態に入った技を紹介してどうする? そんな疑念が消えなかったのである。

だからだろう。久しぶりに顔を合わせた泉さんへの最初の質問は、いま考えれば大変失礼なものになった。

「いま、何をやってます?」

だが、泉さんは取り立てて構える風もなく、率直にに答えてくれた。

「はい、糸を創ってます」

ん? だってあなたは機屋さんでしょう。機屋とは買って来た糸を布に織るのが仕事ではないか。糸を作るのは製糸メーカーではないのか?

「そうなんですけど、市販の糸では私が創り出したい着物が織れないのです。だから、糸から作るしかないと思い定めました。ええ、変わり者といわれますけどね」

糸を創る。俄然、泉織物への興味と感心がムクムクと湧き上がった。