刈り取る 蛭間シャーリングの2

【「私、威張るようになりました」】
なぜ事故が起きるのか。それまで蛭間さんは父・清さんと口論しながら様々に原因を考えていた。最終的に行き着いたのがカットするための器具である。これに原因がある!
この器具に並んだ刃は生地とカットされる糸の間に入り込まねばならない。そのため、ガイドとして先端に針金の輪っかがある。お父さんが考案したもので、確かにガイドの役割は果たしている。
しかし、蛭間さんの目には

「まだ突き詰め方が不十分」

と見えた。中空の輪っかのため、作業を続けていると切断されて細切れになった糸がこの輪っかに集まり、綿ごみのようになってくっついてしまうのだ。これが生地に引っかかったり、カット用器具を生地と糸の間に運ぶ邪魔になったりしているのではないか?

(番左が、ハンダで埋めたガイド)

蛭間さんはこの輪っかをハンダで埋めてみた(写真)。中空部分をなくしたのである。

事故率がガクンと下がりました」

次の改良は、カット用器具の取っ手の前後にあった刃を、片方だけにしたことだ。前後に刃を付ければ、動かせば行きも帰りも糸を切ってくれるから効率が上がる。これも父・清さんが考案したものだった。だが、効率が上がる分、事故も増えるとみて片刃にしたのである。これも劇的に事故を減らした。

最後に手がけたのが、刃である。それまでよりずっと高価な、チタンでコーティングされた高級刃に変えたのだ。刃の切れ味がよければ糸を引っかけることもない。切り残しも減るはずだ、と考えたのである。これも効果を挙げただけでなく、刃の持ちがよくなったという副産物までもたらしてくれた。
これだけの改良で事故がほぼゼロになった。

事故率の激減は、単に「罰金」の負担をなくしただけではない。やや大げさに表現すれば、シャーリング業の体質を変えた。

それまでシャーリング業には、納期はあってもないようなものだった。発注主の機屋さんはとりあえず納期は示すが、それより2週間、3週間遅れるのは当たり前の世界だったのだ。作業中に必ずといっていいほど事故が起きるのだから、それはやむを得ない遅れだったともいえる。
それが、事故率が限りなくゼロ。

「納期をきちんと守ることができるようになったんです。作業工程がきちんと組めるようなったと機屋さんから喜ばれました。ええ私、その頃から少し威張り始めました」

刈り取る 蛭間シャーリングの1

【シャーリング】
英語で書くとShearing。「刈り取る」という意味である。タオルは表面に糸をループ状に出している。高級タオルになるとこのループの先を刈り取って平らにし、ビロードのような肌触りを生み出す加工をする。この工程がシャーリングである。
絨毯でも同じ加工をしたものがある。また、日焼けした絨毯は焼けた表面をシャーリングし、新品の色、質感を取り戻すこともある。
こうしたシャーリング加工は服地に対しても行われる。刈り取ることを前提とした糸を特殊な手法で織り込み、シャーリングしてアップリケや刺繍をくっつけたような模様を残したり、ビロードのような質感に仕上げたりする。蛭間シャーリングの得意技である。
工程が増えるため価格は上がる。高級服地に使われる手法である。

(ボルペンで浮かせたところが刈り取り用の糸。シャーリングすると下半分のように仕上がる)

【罰金は当たり前か?】
織り上げられた服地の経糸(たていと)、緯糸(よこいと)は、当たり前のことだが、端から端までつながっている。途中で糸が切れていれば不良品だ。
刈り取られる糸も、最初は端から端までつながっている。刈り取る部分は経糸と緯糸が交差しておらず、経糸、または緯糸が生地から浮いた状態で並んでいる。この浮いた糸を切断しないことには刈り揃える作業ができないから、この工程はまず浮いた糸の一部を切断することから始まる。

カミソリの刃を上向きに並べたような機具で浮いた糸を、多くは手作業で切断する。特殊な用途の道具なので市販されておらず、蛭間シャーリングは鋸鍛冶職人に特注した。人には見せたくない特殊用具だ。作業効率を上げるため、数枚から10枚近い「カミソリ」が並んだ形になっている。
シャーリングする布地は切断する糸が生地から浮いており、生地とこの糸の間に機具を差し込み、前後左右に動かして糸を切る。

この作業が終われば、巨大な掃除機のような機械で吸引してシャーリングする糸を立たせ、芝刈り機のような刃で指定通りの長さに刈り揃える作業に移る。

目の付け所 古澤整経の3

【突き詰める】
製糸メーカーが納品する糸はボビンに巻かれている。1万6000本の経糸を整経するには、だから1万6000本のボビンを立てて糸を同時に出さねばならないが、何度も書いたようにそれは物理的に無理である。だから何回にも分けて整経機で巻き取っていくのだが、一度に巻き取れる糸の数は多いにこしたことはない。

わずか350㎡ほどの狭い工場である。ここに2台の整経機が収まっている。一度に立てられるボビンの上限は何本か? ボビンを立てるクリールと呼ばれる装置に古澤さんは知恵を絞った。
ボビンを立てる棒は、鉄骨で組んだ構造体から横に出ている。メーカー製では棒はマス目の交点に配置されているが、これでは無駄な空間が多いことに気がついた古澤さんは、互い違いに棒を立てた。1列ごとに交点をずらしたのである。こうすれば無駄な空間が減って、同じ空間により多くのボビンを立てることができる。

(普通のクリールはこのように配置されており、空間効率が悪い)

古い整経機にはメーカー製のボビン立てを使っているが、新鋭機のクリールは30㎡足らずの床面積に580本のボビンが立つ。メーカー製なら400本がせいぜいだ。それだけ作業効率が上がる。

「古澤さんは納期がみじかくて助かる」

と機屋さんがいう背景には、古澤さんの智恵が埋まっているのである。

古澤整経の2台の整経機は、1台は北の壁に、もう一台は南の壁にと、互い違いに設置されている。これも古澤流だ。

「妻と2人で整経機にへばりついています。トラブルはボビンから糸がスムーズに出ていないというのがほとんどで、この配置だと、妻の整経機のクリールで起きたトラブルには私がすぐに対応できるし、逆も同じです」

こうして稼げる時間はわずか数秒だろう。しかし、1円を笑う者は1円に泣く。古澤流は徹底的な合理主義なのである。

目の付け所 古澤整経の2

【カスタマイズ】
最新式の整経機を石川県のメーカーに発注したのは2018年だった。繊維を大量に一貫生産する大手メーカー向けに開発された機械で、かなり高価なものだ。中小企業が導入することはまずない。だが、古澤さんは迷わなかった。

「大工場向けだから最先端の機能が備わっているんですよ」

古澤さんは妻・忍さんと2人で仕事を切り盛りしている。いわゆる中小零細工場の1つである。同じ糸を大量に整経する大手工場と、多品種少量生産、つまり様々な糸を少量ずつ整経する古澤整経とでは事情が違う。いくら最先端の機械とはいえ、使いこなせるのか?

ここでも古澤さんは少し違ったところに目をつけた。

「大工場で導入機を決めるのは、多分現場で作業したことがない役職者で、現場で作業する人たちは上が決めた機械を操るだけ。『こうしたらもっと使いやすくなるのに』と思いついても、そんな意見が上に通る機会はほとんどない。だから糸で苦労したことがない整経機メーカーが考えた大量生産向けの機能しか備えていない。でも、私は自分で操作します。最先端の機能をどうすれば多品種少量生産の現場で使いやすくできるのかを徹底して考え、メーカーにカスタマイズしてもらいました」

何をカスタマイズしたのか。

整経機には糸を巻き取るタンプルという巨大な円柱があり、クリール(糸が巻かれたボビンを立てておく装置)から出た糸はこのタンプルが巻きとる。
広大な空間さえあれば一度に数千本、1万数千本の糸をタンプルが巻き取ることも出来よう。しかし、それは物理的に無理なので数百本ずつ巻き取る。一度に400本の糸を巻き取れば、1万本の経糸は25回に分けて巻くことになる。これは大手工場でも事情は同じである。だから、すでに巻き取りが終わってタンプルにできた山と、これから巻き取ってできる山で差が出ないよう、糸の最終的な出し口とタンプルの間にセンサーがついており、大工場では自動的に整経が進む。

目の付け所 古澤整経の1

【整経とは】
織機にかける経糸(たていと)を揃える工程である。布を織るには4000本前後から1万6000本ほどの経糸を使う。糸のメーカーはボビン(糸巻き)に巻いて納品する。機屋さんがそのまま使おうと思えば直径10㎝ほどのボビンを、多いときは1万6000本立てなければならない。それは物理的に無理である。だから1万6000本の糸を数百本ずつに分けて1つのビーム(大きな円筒)に巻きつける。一度に400本の糸を巻くとすると40回繰り返して1万6000本にする。それが整経と呼ばれる作業である。

整経された経糸は機屋さんの手に渡る。機屋さんは多いときは1万6000本の糸が巻かれたビームを織機に取り付け、糸を1本ずつ綜絖(そうこう=経糸を上下に分けて緯糸=よこいと=が通る隙間を作る装置)の穴を通し、櫛の目状の筬(おさ=緯糸を押し詰める装置)を経て織り上がった布を巻き取るビームに繋ぐ。綜絖が1万6000本の経糸を上下に分け、その間に緯糸が通って筬が「トントン」というリズムで緯糸を詰める。

スムーズに布が織れていくためには、経糸がスムーズに流れなければならない。言い換えれば、ビームに巻かれた経糸は綜絖の小さな穴に引っかかってはならない。一部の糸を綜絖が引き上げて杼が通る隙間を作るとき、隣同士の糸がこすれ合って上に行く糸が隣の糸を連れて行くのは御法度である。1本1本の糸にかかっているテンションがバラバラでは、織り上がったときに緩い経糸の部分が盛り上がって布が波打つ。

整経業の要諦は、織る際にこうした事故が起きないように大きなビームに糸を巻き取ることである。

【「古澤さんに整経してもらった糸は織りやすい」】
古澤整経の創業は1963年。いま2代目の古澤良浩さんが経営する。糸を巻き取るアルミ製のビームは糸を巻くと重さが300㎏から500㎏にもなる。輸送コストがかさむため他の繊維産地から仕事が来ることはほぼないが、桐生市内とその近郊の機屋さんの信頼は大きい。
ある機屋さんによると

「頼むと、必ず『うちは少し高いんだよね。これだと〇〇の工賃になるけど大丈夫?』と必ず聞いてくれるのがありがたい」

それでも、他の整経屋さんに頼もうとは思わないというから、工賃に充分見合った仕上がりになっているのである。