FREE RIDE ライダーは桐生を目指す その10 3割打者

世に「一発屋」と呼ばれる現象がある。大ヒット商品を生み出したものの、次のヒット商品を作り出すことができず、時の流れの中でいつしか忘れ去られる。それでもふと思い出す人もいて、

「ああ、あれは一発屋だったね」

と、懐かしさとちょっぴりの嘲笑を込めて使われる言葉である。だから、事業家は「一発屋」になってはならない。ホームランに次ぐホームラン、とはいかなくても、シングルヒットや2塁打は量産しなければならない。タイムリーヒットを重ねなければならない。日米通算で3割2分2厘の生涯打率を残したイチローには及ばなくても、3割はキープしたい。

「RIDERS N-3B」が毎年4、500着以上のペースで売れ始めたころ、二渡さんは次の手を打った。「SKULL FLIGHT」というブランドを立ち上げ、バイクウエアのフルラインナップを目指し始めたのである。「頭蓋骨の飛翔」とはややおどろおどろしいブランド名だが、

「ほら、ロックにもAC/DCとかKISSとかROLLING STONESとか、意味ははっきりしないけど耳障りのいいバンド名があるでしょ。あれと同じ乗り。特に意味はないんです」

というのが二渡さんの説明である。

ジャケットの下に着るインナーのスウェット・パーカーを手がけた。市販品は、バイクライダーの目から見ると

「総てダメ」

だったからだ。

インナーにスウェット・パーカーを着たとき、ライダーはジッパーを上げてフードをかぶり、その上からヘルメットをかぶる。ヘルメットはあごひもで頭に固定するが、このままではあごひもをかけることができず、ヘルメットをかぶった後でインナーのジッパーを下げなければならない。

「だったら、ジッパーを上げたままであごひもがかけられるように穴を空ければいい」

「SKULL FLIGHT」のパーカーのフードには、顎の左右にひもを通す穴がある。

袖は長くして、親指を出せる穴を空けた。これでインナーの袖がまくれ上がることはない。その上からグローブをするから、袖口からの風の侵入をシャットアウトできる。

袖にたるみがあると、上にジャケットを着たときに動きにくくなる。だから袖から肩にかけては身体に密着するようにデザインした。風が身体に廻らず、体温を逃がしにくい。

両サイドにはリブをつけ、その上に革ひもをクロスにかけた。靴紐の要領で締めたり緩めたりできるから、どんな体型でも身体にピッタリ合う。それに、ジャケットを脱いだときのデザイン上のアクセントにもなる。

ポケットの口にもリブを縫い付けて伸縮性を持たせた。中に入れたものを落ちにくくするためだ。

FREE RIDE ライダーは桐生を目指す その9 向かい風に立ち向かえ!!

客との話が終わるのももどかしく、「VIBES」の2003年12月号を、今度は前からめくった。あった、確かに掲載されていた。19ページ目、「BIKER’S EYE ズームアップトピックス」と題されたページである。広告と目次のページを除けば5つ目の記事である。

「向かい風に立ち向かえ!! MADE in桐生のフライトジャケット。」

の見出しがついた記事は、編集部で撮ったと思われる「RIDERS N-3B」の写真が6枚も添えられている。送ったジャケットが役に立ったらしい。最も大きな写真は、従来のフライトジャケットと並べて「RIDERS N-3B」があった。二渡さんがどこにこだわり、何を変えたのかが一目で分かる。

いま振り返れば、この記事が二渡さんの人生を変えたといえる。「FREE RIDE」の礎を築いたともいえる大切な記事である。そこで、「VIBES」を出している有限会社源のお許しを得たので、全文を引用する。

群馬県桐生市の「フリーライド」の店名には、読んで字の如く“バイク乗りならジャンルを超え、自由に楽しみ、自由に走ろう”そんな願いが込められている。20年以上に渡り、さまざまなジャンルのバイクを乗り継いできたオーナーの二渡氏。すべてのバイク乗りに向け、5年ほど前に立ち上げたブランドがスカルフライトである。その主力商品となるのが今回のフライトジャケットだ。
US空軍御用達のフライトジャケットをモチーフに、レプリカではなく、あくまでバイク乗りとしての立場で、自ら真冬の峠道を走り、風の巻き込み対策や、素材の耐久性などを改良していった。まずクリアしなければいけなかったのは重量の問題だった。軍用のフライトジャケットは、素材の関係上かなりの重みがある。軽量化を図るのは簡単だが、軽すぎると保温力が低下してしまう。そこで中身に圧縮ウールと中綿を混合で使用するなど、試行錯誤を重ねた結果、重過ぎず、保温性にも優れた第1号モデル、N-3Bが完成した。もちろんライディングにも支障がないように、ボディをタイトに仕上げ、風の侵入を抑える配慮もなされている。現在ではN-3Bの他に2タイプがリリースされ、毎年シルエットを若干変更したり、ボタンホールを5mm小さくしたりするなど、細かい部分の改良は今も続いている。
なお、桐生で生まれ、桐生で育った二渡氏が、地場産業に少しでも貢献できたらと、製造はすべて桐生市内の工場で行われている。このことからも、彼のモノ作りに対する温かみが感じられる。赤城おろしにも負けないバイク乗りが、自信を持って提供するフライトジャケットである。

FREE RIDE ライダーは桐生を目指す その8 VIBES

「RIDERS N-3B」の売れ行きははかばかしくなかった。一言で言えば、売れなかった。そりゃあ、地方都市桐生にある、開店から間もない店である。何を売っているのか、通りすがりでは分からない店でもある。加えて、商圏人口は少なく、バイク愛好家の数は限られている。だから、飛ぶように売れるとは最初から期待せず、発注量だってわずかにした。

それにしても売れないのだ。一緒に並べている革ジャンは売れるのに、

「これぞ、バイクライダーが待ち望んでいた冬用のジャケット!」

と精魂込めたはずの「RIDERS N-3B」は、数ヶ月ごとにポツリ、ポツリとしか売れない。
そして5年ほどたった。売れ行きは全く変わらない。ノーテンキを自認する二渡さんも、さすがに自信をなくしかけていた。バイク用のジャケットの製造・販売なんて地方都市の洋服屋が首を突っ込んではいけない世界だったのか?

「もしもし、FREE RIDEさんですか?」

1本の電話がかかってきたのはそんな折である。聞き覚えのない声だ。いったい何の用だろう?

「私、東京でハーレーダビッドソンの専門誌『VIBES』を編集している者です。実は、あなたの店で売っていらっしゃる『RIDERS N-3B』が大変素晴らしいバイクウエアだと教えてくれた人がいまして、うちの雑誌で是非取り上げたいと思いました。実物を見てみたいし、写真も必要なので1着お貸し願えないでしょうか? 編集部まで送っていただけると助かります」

根っからのバイク好きである二渡さんは、「VIBES」の愛読者でもあった。だが、記事として紹介されるのは他の人、他のメーカー、他の店のことであって、まさか自分の店、自分がデザインしたウエアが取り上げられることがあるなどと想像したことは一度もない。

「はあ、うちの『RIDERS N-3B』をね」

FREE RIDE ライダーは桐生を目指す その7  RIDERS N-3B

ある日、フラリと店に入ってくる人があった。中年過ぎの男性である。どうみてもバイクライダーには見えない。いったい何の用だろう?

「いや、うちでも同じようなジャケットの縫製をやってまして。通りかかったらそのジャケットが目について、つい覗かせてもらいました」

桐生にもフライトジャケットを作っている縫製工場がある! 興味を惹かれた二渡さんはコーヒーを出してもてなした。お互い気があったのか、縫製の難しさから客の反応まで、話はあちこちに飛びながら弾んだ。

それ以来の付き合いである。理想のバイクウエアを自分で作りたいと考えているうち、ふとこの社長のことを思い出した。そういえば、フライトジャケットを縫っているんだったな。あの会社なら縫製技術はあるはずだし、協力してもらえるかも知れない。早速会社を訪ねた。

だが、返ってきたのはやんわりとした拒絶だった。

「お気持ちは分かりますが、バイク用に売れるのはアメリカ仕様のウエアです。客は日本で新しく作ったバイクウエアには見向きもしないに違いない。買ってくれる人がいないのなら作る意味はないでしょ?」

いや、そうではないはずだ。現に、バイクが何より好きな私が、アメリカ仕様のフライトジャケットに不満が募らせている。多くのバイク好きは、それしかないからアメリカ仕様のフライトジャケットを使っているだけなんだ。心の中では、本当に使えるバイクウエアを待ち望んでいるはずだ!

魚のいるところに糸を降ろすのが釣りの王道だとしたら、二渡さんは魚がいるかどうか分からないところに糸を出し、魚が飛びつきたくなる餌をつけて魚を集めようというのである。ビジネスの王道は前者にある。後者を選ぶのはパイオニアと呼ばれる一握りの人たちだけだ。

FREE RIDE ライダーは桐生を目指す その6 バイクに乗るということ

必要は発明の母であるといわれる。この言い方を借りれば、不満は改革の源、ということになろうか。

店の品揃えは徐々に充実させた。バイクウエア専門店をうたう以上、バイクウエアなるものを世界中から探し出そうと試みた。だが、探しても探しても、バイクライダーのためにデザインされた服が見つからない。

「これならどうだ?」

と思ったのは、映画「イージー・ライダー」を産み出したアメリカで、バイクライダーの多くが使っている飛行機乗り用のフライトジャケットだった。米国のライセンスを得て、フライトジャケットを作っている会社が日本にあった。早速仕入れて店に並べた。

「ところがねえ、どうもしっくりこないんですよ」

アメリカで生まれたデザインだから総てが米国サイズである。手足の長さ、胴の丸さ、首の太さなど身体のつくりが米国人とは違う日本人に、米国サイズの衣服を着こなせる人は数少ない。

それだけなら、まだ何とか我慢もできたかも知れない。

「これはバイクには使えない」

と思ったのは、全体のデザインである。

フライトジャケットはもともと飛行機のパイロットが着用して最適になるようデザインされた。パイロットは操縦席に腰を下ろし、上半身は立たせて、あるいはシートの背にもたれて操縦桿を握る。腕は身体に寄せ、肘から先を軽く伸ばせば操縦桿に届く。昔の複葉機ならともかく、いまの飛行機にはセスナを含めて風防があるから風はまったく侵入しない。そう、車の運転席にいるのとあまり違わない。